幸せの黄色いカウントダウン

先月くらいから採用したストップウォッチでのカウントダウン。黄色いものを使っている。

河口でも有効だ。

キス釣り名人が隣に入って底をズル引きしていたので、この先はほぼ砂泥だということがわかったので、キャストしてカウントダウン。

潮が高くなく、タイプ6のシンキングラインで25秒も数えれば、引張り途中で底を取ることがわかった。

ベイトは流れていて、表層ではpredetorは騒がしくはないものの雰囲気よい。

流れているヒイラギは親指の爪くらい。

今回のタンデム仕掛けは上の枝ループにチャーリー、下にサーフキャンディ。

大きさの違うフライをつなげ、魚が偏食していても、ほんの少しだけ対応できてると勝手に信じ込む。

フライがターンして着水。

25秒まつ。

ひっぱる。

トン!

ぷるぷる。

ぐぐぐぐ。

来たよ、大好きな君が。

ロウニンメッキがカウトダウンのご褒美。

沈め屋Gさんを筆頭とする、鈴木さん一番弟子、そして、勝手に孫弟子を自認した一瞬でした。

おしまい。

RX100M5A, Photomatix Pro, Topaz Studio

HDR from 3 images, hand held

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中