ショゴ、コバンザメ釣法

キビレがだめならショゴ狙い

先日毛鉤仲間のヒロさんが房総でショゴを仕留めたときいて、キビレ不調のやりきれなさを解消しに先日房総半島へでかけてみた。

その日見事に坊主を食らったのだけれども、透明度の高い港で海面から高いところから濡れずにキャストできるのは、ウェットウェーディングを続けていたことから新鮮に感じた。

また、過去、仲間に連れられていったことが一度あるだけの場所だったのでほぼ新規開拓で、現場にいる餌釣り師やルアー釣り師に話しかけて色々教えてもらうのも楽しく、その坊主の日、キビレ釣れない煮詰まり感は大いに解消された。

だったら、実績あるヒロさんに先達をお願いしご一緒させてもらうのが近道。お願いして連れて行ってもらった。

動画で前回ヒロさんは、新しい呪文を編み出した「さしみさしみさしみ」というのがショゴ釣りに有効なので魚が見えたら使ってみよう。

複数ランガンする予定で、彼も未知の場所を見てみようと言うとことで新規開拓。最初の漁港でベイトはあまりいないけど、朝マズメ。

すでに釣りをしている餌釣り師に声をかけると一目鯛というのが複数釣れていた。とても綺麗な魚で後で調べるととても美味しいらしい。フエフキダイの仲間なのでひょっとしたら毛鉤でもいつか釣れるかもしれない。

ショゴは見えないけれど、いつか通るだろうということで陣取りキャストしていると正面の壁でポチョというボイルとともに細かいベイトが逃げ惑っている。

お!

で、すぐに2度めのボイルがおこる。

ここからはスローモーションの記憶が始まる。

二度目のボイルの気付いたヒロさんが、キャストして、ボイル地点へ正確なキャストが決まる。

フライ着水直後に始めたStripで掛かった!

僕は少し離れたところでStripしていたのですぐには参戦できない。彼が釣れたので写真を取ろうかと考えたけれども、この魚が狂っている機会なので、一投できるかもしれない。

ヒロさん、掛けた魚を手前で遊ばせて待っているところに、キャスト。スイッチ入っているショゴが大口を開けてフライに飛びかかってくるも、フライに届かず。

もうワンチャンスあるかも。たぶんロールキャストかフライピックアップして返す刀で着水させて間に合った。

で、狂ったショゴちゃん、かかって二人で一匹ずつランディング。

その後は抜けてしまったので時合終了。

その間は後で思い起こすとスローモーションなんだけど一瞬だったので、さしみ呪文唱える間もなかった。

数時間後別の場所で船の下にショゴが溜まっているところに遭遇。

その船、四方八方にロープが出ているのと風向きの関係上僕は攻めあぐねていた。何度かフライを追わせることができるけど乗せられずを繰り返している中、ヒロさん、ついに2匹目。

そしてまた、少し掛けた魚を手元で遊ばせまってもらい、スイッチが入った状態のショゴを頂いた。

もう、完全にコバンザメ。

で思い起こすと、また、さしみ呪文、、、使わなかった。

もらいフライマン、今日はコバンザメ。

おんぶにだっこにおむつ替えしてもらった釣行だった。

hiroさん目線で動画もあるぜよ。

おしまい。

RX100M5A, Photomatix Pro, Topaz Studio

HDR from 3 images, hand held

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中